2013年9月29日日曜日

[Common Lisp] 破壊的な関数

Common Lispには、戻り値を作り出すために元々の構造を破壊する関数があります。

sort、stable-sort を除く破壊的な関数には対応する非破壊的な関数があるので、基本的には非破壊版を利用しておいたほうが良さそうです。

なお、破壊的関数の先頭に付く n は non-consing の略だそうです。

詳しくは 実践Common Lispの12章 あたりを見ると良いでしょう。

非破壊的破壊的概要
sortソート
stable-sort安定ソート
reversenreverseリストの反転
appendnconcリストの結合
revappendnreconcリストの結合
butlastnbutlastリストの末尾以外取得
removedeleteシーケンスの要素削除
remove-ifdelete-if条件に一致する要素削除
remove-if-notdelete-if-not条件に一致しない要素削除
remove-duplicatesdelete-duplicates重複を削除
unionnunion和集合
intersectionnintersection積集合
set-differencenset-difference差集合
set-exclusive-ornset-exclusive-or対称差
string-capitalizenstring-capitalize単語の先頭を大文字、それ以外を小文字に変換
string-downcasenstring-downcase文字列を小文字に変換
string-upcasenstring-upcase文字列を大文字に変換
substnsubst木構造(リスト)の要素を変更
subst-ifnsubst-if木構造(リスト)の要素を変更
subst-if-notnsubst-if-not木構造(リスト)の要素を変更
sublisnsublis木構造(リスト)の要素を変更
substitutensubstituteシーケンスの要素を変更
substitute-ifnsubstitute-ifシーケンスの要素を変更
substitute-if-notnsubstitute-if-notシーケンスの要素を変更

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿